ペットがいる家のリフォームの注意点

ペットがいる家のリフォームを行なうときは、
ペットにとっても快適で安心、
ヒトにとっても衛生面などで快適な環境をつくるように計画を立てたいものです。

 

そこで、ペットがいる家のリフォームの注意点を挙げてみました。
参考にしてください。

 

フローリング

 

フローリングは毛の掃除がしやすくて便利です。

 

ですが、表面の塗装方法によってはアンモニアに弱いものもあるので注意しましょう。

 

犬は滑りやすく、骨折や関節のトラブルになることもあります。

 

滑り止めのワックスをかけるなど、対策しましょう。

 

カーペット

 

カーペットは滑りにくいというメリットがあります。

 

最近は消臭効果や防ダニ加工がされているカーペット等もあります。

 

ですが、掃除に手間がかかったり、シミになりやすいというデメリットもあります。

 

また、毛足の長いカーペットは、ペットがかじってしまうので、
毛足の短いタイプを選んだほうが良いでしょう。

 

クッションフロアシート

 

クッションフロアシートとは、塩ビでできているシート素材のものです。

 

アンモニアにも強く掃除もしやすいというメリットがありますし、
工事費も安くすみます。

 

しかし、見栄えが劣ります。

 

また、足ざわりが冷たくペタペタした感じもします。

 

タイル

 

タイルの床は、掃除も楽で丈夫です。

 

ただし、床にタイルを使う場合は、表面の光沢を抑えたり、
滑りにくいものを選ぶことが大切です。

 

床暖房と組み合わせると、夏はひんやりと冷たく、
冬は暖かい環境を作ることができるでしょう。

 

臭いを吸着する壁材

 

特に玄関は、その家のにおいがわかる場所です。

 

ペットのにおいはお客様もよく気づかれます。

 

さまざまな臭いを軽減する材料を壁に貼ることで、
ペットの臭いや下駄箱、靴の臭いを防ぐことができます。