リフォームは住みながら行なうか引越して行なうか

リフォーム工事は、建て替え・新築工事とは異なり、
引越しをしなくても住みながら工事をすることができます。

 

仮住まいの費用や引越しの費用が節約できたり、
引越しのための手順や引越しの先の確保など
煩雑な作業をしなくてすみます。

住みながらの工事方法とは

・キッチン

 

キッチンの大掛かりな移動がなければ、
キッチンの工事は一日で完了することができる場合もあります。

 

キッチンの設置に時間がかかる場合は、
仮設のミニキッチンを置き、工事中はそのミニキッチンを使うという方法があります。

 

必ずミニキッチンのレンタル料を確認し、
見積りに含まれているのかどうか確認しましょう。

 

また、いつからいつまで水回りが使えないのかも、
事前に細かく確認しておきましょう。

 

・浴室

 

浴室は、簡単なユニットバスの交換であれば2日程度で完了できます。

 

大掛かりなリフォームになる場合は、庭に1坪ほどの仮設浴室を建てて、
それを利用するという方法もあります。

 

仮設浴室は、庭の水道を使って、レンタルのプロパンボンベで
お湯を沸かします。

 

ただし、短期間であれば、仮設浴室を建てなくても、
近所の銭湯を利用したほうが経済的です。

 

必ず仮設浴室やプロパンボンベのレンタル料を確認し、
見積りに含まれているのかどうか確認しましょう。

 

また、いつからいつまで水回りが使えないのかも、
事前に細かく確認しておきましょう。

 

・内装、フローリング

 

内装やフローリングなどのリフォームの場合は、
生活空間を確保しながら、
一部屋ずつ仕上げていきます。

 

 

このように、少しずつ全部屋の改装を仕上げていく方法があるので、
生活空間を確保しながら住みながらリフォームすることが可能です。

 

ただし、全部屋まとめて一気に仕上げたほうが、
職人さんの手間も安く済むことが多いので、
一部屋ずつ仕上げていく場合では、少し手間賃が高くなる可能性があります。

住みながらリフォーム工事をする場合のデメリット

住みながらリフォーム工事を行なう場合は、
工事現場が常時生活空間と隣り合わせにあることになります。

 

ですから、人の出入りがありますし、材料や工具が運び込まれ、
丁寧に養生を行なっても、ホコリは他の部屋にも入ってきます。

 

また、大きな音も聞こえます。

 

ですから、寝る場所や食事のスペースを、
どのように確保するか、日々担当者と連絡を取りながら、
いつどの部屋が使えないのかをはっきりさせておくことが必要です。

 

特に、マンションの全面改装の場合は、
住みながらの長期間のリフォーム工事は、
住んでいる人の負担が大きくなり、とても辛い毎日になります。

 

荷物がたくさんある家では、
その荷物を移動しながらの工事になるので、
工事期間も一気に工事を行なう場合よりも長期間になってしまいますし、
荷物の移動にも費用が別途係ります。

 

大きな荷物は、一時的にトランクルームへ移動すると言うような方法も考慮にいれ、
その費用もリフォームの予算の中に、忘れずに入れておくことが必要です。

 

このような点を踏まえ、住みながら工事をするのか、
それとも一時的に引越しをして一気に工事を済ませてしまうかは、
費用の面、工事期間中の気苦労なども考えながら、
業者とよく相談して決めていきましょう。